北永のもち麦は

プチプチだから​美味しい!

1/9

​北永農場とは

北海道旭川市で代々農業を営む13名の生産者が運営している地域型の農業生産法人です。

全員の栽培技術と経験を生かしながら先端技術も取り入れ、安心安全で効率のよい農業を目指しています。

北永農場ではお米や黒大豆など穀物を専門に栽培しています。​お客様に「美味しい!」と言っていただけるよう高品質の農作物の生産に励んでいます。

​主な栽培品目

IMG_8658.jpg

​農業用ドローンによる種籾の直接散布

北永では北海道米を中心に様々な穀物類を生産しています。​農産物につきましてはお気軽にお問い合わせください。

DSC00647.JPG

​​北海道米

ななつぼし

​ななつぼしは北海道を代表する評判のブランド米です。

​えみまる

​えみまるは田んぼに種もみを直まきする直播米。北海道米の期待の新品種です。

DSC00687.JPG

​北海道産黒大豆

いわいくろ

​旭川のいわいくろは大粒で綺麗な黒艶が特徴です。煮豆やお味噌など様々な用途に使用されています。

​北海道産酒米

吟風

旭川は老舗酒蔵が集まる酒どころとして知られています。その原料となる酒米は大雪山系から流れる豊かな伏流水で栽培しています。

DSC00683.JPG

北海道産​ポップコー

​イエローポップ

イエローポップは大きく開くよう爆裂するバタフライ型のポップコーン品種です。

もち麦は食物繊維が大変豊富で近年注目されている穀物です。

北永では精麦にこだわり、ゆっくり時間をかけて外皮を削っています。

北海道産もち麦

キラリモチ

image.png

​北海道産春小麦

春よ恋

春よ恋は美味しいパンが焼き上がると大変人気の道産銘柄です。例年8月中旬頃に収穫を迎えます。

​メディア掲載

北海道新聞<パノラマ百景>(19年11月27日)

黒大豆の選別作業の特集動画が掲載されました!

HBCテレビ 「あぐり王国北海道」出演!

​写真提供:HBC

出演者や番組スタッフの皆さんが熱心に黒大豆について学びに来てくれました。

こうほう旭川市民にて黒大豆特集!

2018年1月号 掲載

【おいしくて体に良い黒大豆】

​様々な地元企業が旭川産黒大豆を用いた製品作りに取り組んでいます。クリックで拡大できます。

北海道新聞「まち巡りひと巡り」

2018年1月号 掲載

【第6部永山かいわい】

永山の歴史から現在の農業のあり方まで取材してくれました。

​北永農場の3つの強み

北永は穀物作りが専門の農場です。

旭川市永山地区で生産される黒大豆や小麦の多くは

北永が地元生産者から委託を受けて管理をしています。

種まきから収穫選別まで一貫した作業を代行することで生産者の負担軽減に貢献し地域全体の品質安定にも貢献しています。

穀物に特化した農場

 ASIAGAP認定農場

北永は穀物作りが専門の農場です。北永農場は日本GAP協会より食品安全、環境保全、労働安全、人権の尊重に関わる25項目について厳正な審査を受けています。

​また同じ永山地区の農家26戸と共に団体認定を受け、世界で活躍できる強い産地作りを目指しています。

地域との力強いネットワーク

毎年様々な取り組みをしています!

 

北永は地元の生産者や企業と連携し、この地域ならではの農産物を生産しています。

たとえばJAあさひかわ酒米部会や層雲閣グランドホテルのみなさんと酒米の田植えや稲刈りを行い、収穫したお米は層雲閣オリジナル名酒「初一」の原料として使用しています。

​他にも地元とつながった様々な取り組みに挑戦しています。​

L3287450004322237.jpg

層雲閣グランドホテルの皆さん